ホームニュース・トピック

News & Topicsニュース・トピック

ニュース・トピック

2018.7.31

弁護士原田學植が調査委員として参加した「諸外国におけるインターネット上の権利侵害情報対策に関する調査研究の請負」報告書が公開されました。

2018年7月24日、ブロッキングと通信の秘密に関する考察を含む「諸外国におけるインターネット上の権利侵害情報対策に関する調査研究の請負」報告書が総務省より公開されました。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000565925.pdf

同報告書には弁護士原田學植が調査委員として参加しています。

同報告書では名誉毀損、プライバシー侵害情報、著作権侵害情報等といった「流通により他人の権利を侵害する情報」すなわち「権利侵害情報」に対する種々の法域における対応がまとめられています。

詳細は上記リンクをご参照下さい。

2018.7.5

夏季休暇のお知らせ

2018年8月13日(月)から8月15日(水)まで、当事務所は夏季休暇とさせて頂きます。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

2018.6.6

弁護士大塚翔吾が7月7日(土)に講演をおこないます

2018年7月7日(土)、弁護士大塚翔吾が駒澤大学法科大学院「市民ロースクール」において講演をおこないます。
「市民ロースクール」は、同大学院において、身近な法律の問題に関する情報や知識を提供するための連続講座として行われているものです。
大塚は、「スポーツ事故、不祥事と法律」をテーマに講演をおこないます。予約不要、参加無料の講座となっておりますので、ご興味を持たれましたらぜひご参加ください。

詳細は以下のとおりです。
日付:2018年7月7日(土)
時間:13:00~14:30(12:30開場/12:50までにご入館ください)
会場:駒澤大学法科大学院棟 6F 模擬法廷

2018.6.4

弁護士戸田綾美がキャンパス・ハラスメントについて講演

2018年4月17日(火)に、地域科学研究会・高等教育情報センターの連続セミナー「キャンパス・ハラスメントの実際と対策」において、弁護士戸田綾美が「キャンパス・ハラスメントの事例と対策」と題し、大学におけるセクハラ・パワハラ・アカハラ等の最近の裁判例と対策について講演しました。

2018.5.15

弁護士大塚翔吾が執筆に参加した「量刑調査報告集Ⅴ」が第一東京弁護士会から出版

当事務所の弁護士大塚翔吾が執筆に参加した「量刑調査報告集Ⅴ」が、第一東京弁護士会から出版されました。
同書は、国選弁護人を務めた弁護士からの報告書を元に量刑を調査したものであり、刑事弁護を行う弁護士から高い評価を受けている量刑調査報告集の最新刊となっております。

2018.3.28

東京高等裁判所で逆転無罪判決

弁護士李宇海、弁護士坂井大輔、弁護士李将、弁護士韓泰英が担当していた盗品等有償譲受け被告事件について、東京高等裁判所で逆転無罪判決を得ました。

2018.2.1

弁護士奈良泰明が入所

当事務所へ奈良泰明弁護士が入所しました。
詳細は所属士業者ページをご覧ください。

2018.1.9

弁護士金弘智が第1回韓国プロ野球選手協会(KPBPA)公認代理人試験に合格

当事務所の金弘智弁護士が2017年12月22日(金)に韓国ソウル市で行われた第1回韓国プロ野球選手協会(KPBPA)公認代理人試験に合格しました。
これにより、金弘智弁護士は、日韓で唯一の両国プロ野球選手会の公認代理人ライセンス保持者となり(本日現在)、日本国内リーグ(NPB)のみならず、韓国リーグ(KBO)においても、同リーグ所属選手と同リーグ球団の契約交渉代理業務等が可能となります。

2018.1.5

弁護士徐英教が入所

本年より、当事務所へ徐 英教(そ よんぎょ)弁護士が入所しました。
詳細は所属士業者ページをご覧ください。

2017.12.20

弁護士金弘智が日本スポーツ法学会で研究発表

2017年12月16日(土)に同志社大学で開催された日本スポーツ法学会第25回大会にて、当事務所の金弘智弁護士(日本プロ野球選手会公認選手代理人)が「韓国プロ野球におけるドラフト制度・海外リーグからの復帰選手等に関する法的紛争について-韓国における裁判例を中心に-」と題して研究発表を行いました。

1 / 212