ホームニュース・トピック

News & Topicsニュース・トピック

ニュース・トピック

2021.4.26

受付時間短縮のお知らせ

弊所では,政府の緊急事態宣言発令に伴い,4月26日より5月11日の間,受付時間を土日・祝日を除く平日午前10時~午後4時に短縮させて頂いております。皆様にはご不便とご迷惑をおかけ致しますが,何卒,ご理解とご協力をお願い致します。

2021.4.6

戸田綾美弁護士が白鷗大学法学部の教授に就任

戸田綾美弁護士が本年4月より白鷗大学法学部の教授に就任しました。
担当科目は民事法、企業法務です。

2021.3.30

検温へのご協力のお願い

弊所では,感染予防対策として,ご来訪の皆様に検温へのご協力をお願いしております。
何卒,ご理解とご協力をお願い致します。

2021.3.25

弁護士山口建瑠が入所

当事務所へ,山口建瑠弁護士が入所しました。
詳細は所属士業者ページをご覧ください。

2021.3.22

受付時間変更のお知らせ

弊所では,政府の緊急事態宣言解除に伴い,短縮させて頂いておりました電話受付時間を3月22日より,土日・祝日を除く平日午前10時~午後6時に変更させていただきます。

2021.2.18

弁護士成眞海,弁護士瀬井脩が入所

当事務所へ,成眞海弁護士,瀬井脩弁護士が入所しました。
詳細は所属士業者ページをご覧ください。

2021.2.17

弁護士李宇海、弁護士李将が担当している親子関係存在確認請求事件で得た最高裁判所の破棄差戻判決が、「判例秘書ジャーナル」に掲載されました。

 この度、弁護士李宇海、弁護士李将が担当している親子関係存在確認請求事件で得た最高裁判所の破棄差戻判決(令和2年7月7日最高裁判所第三小法廷判決)が、株式会社LICが提供する「判例秘書ジャーナル(HJ100092 掲載日:2020年12月28日)」に掲載されました。
 この事件は、大韓民国国籍を有しながら日本で生まれ育った原告(当方)が、亡両親との間の親子関係の存在確認を求めた事案であり、日本国籍の母親との間の分娩による非嫡出親子関係の成立について、どの時代のどの国の法律が適用されるのかが争点になりました。
 最高裁判所は、通則法附則2条・3条の解釈に関して初めて判断し、原告の主張(子の出生時における母の本国法が適用されるべきである)を認めた上、東京高等裁判所の却下判決を破棄しました。

2021.1.8

緊急事態宣言発令における事務所対応について④

弊所では,政府の緊急事態宣言発令に伴い,1月8日より当面の間,原則,弁護士および職員の在宅勤務としております。一部の弁護士においては必要に応じ事務所で勤務するほか,インターネット等のIT技術を活用し,在宅にて執務に当たります。職員においても交代制で事務所にて勤務致しますので,ご安心下さいますようお願い致します。以上の対応に伴い,電話受付時間を土日・祝日を除く平日午前10時~午後4時に短縮させて頂いております。皆様にはご不便とご迷惑をおかけ致しますが,何卒,ご理解とご協力をお願い致します。

2020.12.3

冬季休暇のお知らせ

2020年12月29日(火)から1月4日(月)まで、当事務所は冬季休暇とさせて頂きます。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

2020.11.20

電話受付時間 変更のお知らせ

 弊所では新型コロナウィルス感染拡大に伴い,1124日より,電話の受付時間を,下記時間帯へ変更いたします。

 

土日祝日を除く,平日午前945分〜午後545

  
 ご不便とご迷惑をおかけ致しますが,何卒ご理解とご協力をお願い致します。